障害年金を請求する時の注意点

障害年金を請求する時の注意点

障害年金の請求では、「初診日」に年金制度に加入していたのか、またどの年金制度に加入中であったか、を注意しなければなりません。
初診日に年金制度の未加入であると、請求そのものができないからです。
さらに初診日に加入していた年金の種類により、受給できる障害年金の種類も変わってくることがあります
このように条件ひとつで、受給できる障害年金の種類や金額が変わってきます。

注意しておきたい事

国民年金と厚生年金の違い

初診日が国民年金加入中にあった場合は、障害等級が1級または2級に該当しないと受給できません
それに対して厚生年金加入中であった場合は、1級、2級、3級に該当すれば受給できます
また障害手当金に該当する場合もあります。国民年金加入中よりも受給できる可能性が広がります。

attention_img1

厚生年金加入中が有利

請求方法の違い

請求については、認定日を初診日から「1年6ヶ月時」にして請求した場合、年金はさかのぼって受給できるため、年金額が多くなります。
それに対して「事後重症」で請求した場合は、請求したときが認定日となり、そこから将来に向かってのみ受給できます。
1年6ヶ月時請求とは異なり、さかのぼって年金を受給することができなくなるため、注意が必要です。

1.1年6ヶ月時」請求であれば遡って年金を受給できる2.「事後重症」であれば将来に向かって年金が支給される

「1年6ヶ月時」請求が有利

しゃろうし松川裕馬のブログ「サムライ日記」
お客様の声
障害年金無料判定受付中

アクセス

障害年金(受給要件、申請、遡及、裁定請求書、審査請求、再審査請求、不服申立て)に関する手続きやお悩みの方は、すべて社会保険労務士が手続き、面談を行います。ひとりで悩まず、まずは無料判定をご利用下さい。千葉・茨城障害年金.comでは、市川市だけでなく、千葉県全域、また茨城県全域対応の、行徳駅から徒歩5分の社会保険労務士の事務所です。障害年金は、ご自分で手続きされようとする方も多くいらっしゃると思いますが、申請には専門的な知識や経験が必要になってきますので、専門家へのご依頼が賢明です。当サイトには初心者向けの情報から、受給要件、受給事例、不服申立てなどの情報も掲載してございます。何かご不明点や障害年金に対する不安や、心配事などなんでもけっこうです。お気軽にご相談下さい。

PAGETOP