お客様の声
  • HOME »
  • お客様の声
  • 脳血管

お客様の声一覧

カテゴリー:脳血管

匿名希望様 妹様代筆 京都府長岡京市

疾病名:脳幹梗塞 受給:障害厚生年金3級 遡及
依頼日:令和1年7月31日 ⇒ 申請日:令和1年12月26日 ⇒  支給決定日:令和2年2月13日 ⇒ 初回振込日:令和2年3月13日

2014年に兄が脳梗塞を患った際に障害年金の事は調べていたのですが、傷病手当金や加入していた他の保険からも給付をもらっていて経済的に困窮することがなかった事と、何より「仕事をしていたら障害年金なんてもらえないんじゃないか」と考え、なんとなく障害年金の手続きはしないでおりました。昨年になってふと障害年金の事を調べていると、「もしかして兄も対象になるのでは?」と思い始め自力で色々と調べてみたものの結局答えも出ないし良くわからなかったため、少し勇気を出して松川先生に無料相談をしてみることにしました。正式に依頼をしている訳でもない私に対しても、質問全てに答えてくださり(正直、こんなに全部教えて良いの?と思いました。。。)さらに「可能性はあると思いますよ。」そこまで仰ってくださいました。相談中、一度も私に対して依頼を迫るような事はなさらなかったのですが、この手続きを自力で進める事は無理だと判断し、障害年金をもらえる可能性がある事、そしてやるのであれば絶対に松川先生に依頼するように兄に伝えました。その後、兄と私の二人で先生の事務所でお会いし正式に全てをお任せすることになりました。 兄の場合、初診日(京都)、障害認定日(京都)、今現在(千葉)の病院全てで書類が必要になるため、順番に取得していくことになりましたが、本当に先生に依頼して良かったと痛感しました。 段取りは全て考えて、私たちでも理解・納得のいく説明をしてくださいました。しかも、全ての書類に問題点、不備があり、その都度訂正を依頼する際も先生がサポートしてくださいました。 中でも、障害認定日の病院には、最初私が連絡した際には「診断書は書かない」と言われてしまったのですが、先生が直接京都の医師のところまで直談判をしに行ってくださり、結果なんとか全ての書類を揃えることができました。(申立書の作成も片麻痺が残る兄の体調に負担がかからないようご配慮いただいて作っていただきありがたかったです。) 昨年末先生から無事に手続きが完了したというご連絡と提出書類のコピーを一式を送っていただきました。提出書類の多さにびっくりしながら、受診状況等証明書、2枚の診断書、病歴就労状況等申立書、これらを改めて見返すと、やはりこれは自力ではできないと判断して良かったと改めて痛感しました。先生は重要なポイントを全て解説してくださるのですが、これを自分達だけで調べ、段取りを考えて、病院や役所の人たちを相手にしていく事は、とても現実的な話ではありませんでした。 手続きをしてから結果が出るまで、だいたい三ヶ月くらいというお話でしたが、2月に入るとすぐに先生からご連絡をいただきました。「全てご希望の結果が出ましたよ」とのこと。本当にびっくりしました。障害認定日からの年金まで認められていたからです。もしかしたら松川先生には失礼にあたるかもしれませんが、正直なところ過去の年金は私も兄も諦めていた部分もあったのです。その当時は年金の診断書を書いてもらうために通院していた訳でもなく、きちんと医師に病状を伝え切れていなかった部分も多かったですし、何より始め病院からは「診断書は書かない」と言われていましたので。。。本当に感謝しかありません。 今後も更新の際などお世話になることもあるかと思いますが、松川先生がいればこの障害年金という制度に対する疑問や不安は持たなくてすみます。この度は、本当にありがとうございました。お世話になりました。長文・乱文失礼しました。

木様 奥様代筆 千葉県市川市

疾病名:脳血管 受給:障害厚生年金1級 遡及
依頼日:平成31年1月30日 ⇒ 申請日:令和1年6月20日 ⇒  支給決定日:令和1年9月19日 ⇒ 初回振込日:令和1年11月15日

脳出血で2ヶ月入院後、リハビリ病院。体調悪化により関連病院へ。その後リハビリ病院と傷病手当を受給していましたが、あっと言うまに1年半が過ぎ、障害年金手続きをと考えていたところ再び生死をさまよう入院。障害年金手続きは申請が大変だと聞いており、以前家族がお世話になった松川先生にご相談したのは発生から2年が過ぎていました。手続きが難しい内容と初回言われておりましたが、細やかにソーシャルワーカー、担当医との面談を繰りかえして頂き、無事に遡り1級の年金証書を手にする事が出き安堵いたしました。本当に松川先生にご依頼して良かった。ありがとうございました。

史様 千葉県船橋市

疾病名:右脳出血 受給:障害基礎年金2級 遡及
依頼日:平成30年6月20日 ⇒ 申請日:平成30年9月27日 ⇒  支給決定日:平成30年12月6日 ⇒ 初回振込日:平成31年2月15日

強皮症という難病の合併症による腎不全からくる高血圧での右脳出血による左半身麻痺で、10ヶ月間の入院中保険業の友人により障害年金の存在を知らされ、初めは姉夫婦に代理人として行ってもらいましたが、年金事務所のお役所仕事的な対応に耐えられなくなっていたので、病院の社会福祉士に社労士の紹介をお願いしたところ、折角の年金が減ってしまうということと、手伝っていただけるということでしたので、経験と勉強と思い自力で申請してみることにしました。歩いたりTAXIに乗ったりができるようになった上で、H29年6月の退院後すぐ手続きを始めたが、役人の説明不足のせいか受理されたにも関わらず本部から書類をつき返され、申請やり直しを余儀なくされましたが、人工透析で認定を受けることができました。 残りの肢体不自由への認定の為、再度書類の訂正が必要となりますが、役所の説明を医師に伝えても理解してもらえず、訂正の繰り返しでした。そんな社保事務所と病院との往復を重ねるうち資金も体力も気力も減っていき、透析認定だけで満足した方が良いのかと思いつつ自宅近辺の社労士事務所を探していたところ、ネットで障害年金専門の方がいることを知り松川先生を見つけました。HPを拝見すると熱意と自信を持っておられるのが伝わってきたので連絡してみました。蒸し暑い梅雨の雨の日、お忙しいのに駅まで迎えに来ていただき事務所迄案内されました。一通り話し、話され、こちらの心情に寄り添ってくださる正義感のある方なのがわかり、料金体系も納得のいくものでした。病院同行での医師への説明など、慎重かつ丁寧な対応で安心しました。腰の低さと心配り“しつこさ”には頭が下がるおもいです。医師を気持ち良く納得させ訂正させる腕前は、この道専門のプロならではだと思います。書類が揃ってからはメールと郵便と少しの電話でのやり取りだけで、なるだけこちらの負担を避ける方法で準備を終わらせてもらえます。申立書など私なら用紙の前で固まってしまう位ですが、質問に答え情報を出すだけで、時系列と事実関係のハッキリとした文に仕立て上げてもらえます。そうしてH30年12月、1年6ヶ月かけて肢体不自由で2級認定を受けました。依頼してたった5ヶ月のことです。早く頼んでおくべきだったと悔やんでいますが、生活の目途がたち、将来を見通し計画ができるようになりホッとして明るい気持ちでいます。本当あきらめなくて良かったです。松川先生ありがとうございました。

美 様 千葉県我孫子市

疾病名:右脳梗塞 受給:障害厚生年金2級 遡及
依頼日:平成28年3月10日 ⇒ 申請日:平成28年6月10日 ⇒  支給決定日:平成28年8月18日 ⇒ 初回振込日:平成27年9月15日

お客様の声_美様

迅速かつご丁寧に対応いただき、本当にありがとうございました。また、初めてお会いした時は、無料相談ということで遠いところからいらしていただき本当に助かりました。最初は、ネットで調べて自分の力だけで請求申請しようと考えていましたが、終わってみてとても困難なことだったと痛感させられました。松川さん、本当に本当にありがとうございました。心から感謝いたします。

清 様(ご主人代筆) 茨城県つくばみらい市

疾病名:脳出血 受給:障害基礎年金1級 遡及
依頼日:平成28年4月6日 ⇒ 申請日:平成28年4月26日 ⇒  支給決定日:平成28年6月2日 ⇒ 初回振込日:平成28年7月15日
障害年金・お客様の声

桜の花が咲く4月6日、松川先生の事務所で初めて先生と面談。先生の仕事に対する取組姿勢と豊富な知識に感動しその場で業務委任契約を締結しました。書類を整え4月26日に松川先生から障害年金を申請して頂きました。早いもので初夏の香りが漂う6月7日に松川先生からお電話で障害基礎年金1級決定の連絡を頂きました。申請から1ヵ月と7日でのスピード決定には本当に驚きました。面談から申請までの間、先生から色々とアドバイスをしていただき、また申請に向けスピーディーに対応して下さいました。先生の指示通りに行動したことが最も近道でベストの結果に結びついたものと思います。老齢年金は書類が揃っていれば支給されますが、障害年金は支給か不支給のどちらかです。あくまで「一発勝負」です。最初が肝心です。今思えば最初から専門家の松川先生にお願いしていて本当に良かったと思います。無事に1級が認められて妻も喜んでいます。松川先生、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

男 様 千葉県我孫子市

疾病名:脳出血 受給:障害基礎年金2級 遡及
依頼日:平成27年1月13日 ⇒ 申請日:平成27年2月13日 ⇒ 支給決定日:平成27年3月12日 ⇒
初回振込日:平成27年4月15日
障害年金・お客様の声

脳出血に2年前くらいになってしまい、現在は、脳出血は直っているのですが、後遺症で左腕と左足が動かしづらい状態です。半年間のリハビリ入院で、まさか直らない状態で、退院という形になってしまうとは思っていませんでした。色々なことが普通にできません。どうやって生活すればいいのかわかりませんでした。その時、障害年金という存在を知りました。色々調べると専門的な事が多くて良くわかりませんでした。素人の私がやりきれるか、自信がありませんでした。その時、ネットで松川さんのことを知りました。専門家に間に入ってもらったほうが良いと思い、たのみました。わからない事は親切に教えていただき助かりました。おかげ様で、スムーズに終わったみたいで、良かったです。今後も不明な点はご指導いただくと思います。よろしく、お願いします。

しゃろうし松川裕馬のブログ「サムライ日記」
お客様の声
障害年金無料判定受付中

アクセス

障害年金(受給要件、申請、遡及、裁定請求書、審査請求、再審査請求、不服申立て)に関する手続きやお悩みの方は、すべて社会保険労務士が手続き、面談を行います。ひとりで悩まず、まずは無料判定をご利用下さい。千葉・茨城障害年金.comでは、市川市だけでなく、千葉県全域、また茨城県全域対応の、行徳駅から徒歩5分の社会保険労務士の事務所です。障害年金は、ご自分で手続きされようとする方も多くいらっしゃると思いますが、申請には専門的な知識や経験が必要になってきますので、専門家へのご依頼が賢明です。当サイトには初心者向けの情報から、受給要件、受給事例、不服申立てなどの情報も掲載してございます。何かご不明点や障害年金に対する不安や、心配事などなんでもけっこうです。お気軽にご相談下さい。

PAGETOP