うつ病で受給できる認定基準


うつ病で受給できる認定基準

うつ病の等級

等級症状
1級高度の残遺状態または高度の病状があるため高度の人格変化、思考障害、その他もう想・幻覚などの異常体験が著明なため、常時の介護が必要なもの
2級残遺状態または病状があるため人格変化、思考障害、その他もう想・幻覚などの異常体験があるため、日常生活が著しい制限を受けるもの
3級残遺状態または病状があり、人格変化の程度は著しくないが、思考障害、その他もう想・幻覚などの異常体験があり、労働が制限を受けるもの

うつ病の受給要件

うつ病により障害年金を受給するためには、下記3つの要件を満たす必要があります。

  1. うつ病で通院して、1年半以上が経過していること
  2. 20歳以上で65歳未満
  3. 保険料納付済期間 が加入期間の3分の2以上

※現在、お勤めされている方は、受給されにくい場合があります。
 詳しくは当事務所までお問合せ下さい。

しゃろうし松川裕馬のブログ「サムライ日記」
お客様の声
障害年金無料判定受付中

アクセス

PAGETOP
Copyright © 千葉・茨城障害年金工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP