障害年金についてのメインコンテンツ

トピックス&ニュース

(2014/02/21)初診日の特定 (2014/02/21)

障害年金の請求をする際には、とにもかくにも、 「初診日」の特定が必要です。 初診日とは、初めて病院にかかった日になりますが、よくある質問で、うつ病の方が「精神科」にかかった日が初診日ですか?とか、 「うつ病と診断された日」が初診日ですか? などと聞かれます。   もちろん、初めてかかったのが精神科や心療内科であれば、それでいいですが、 当初はうつ病だとは思わないのが通常で、内科や耳鼻科などにかかることがあります。その上で精神科を受診した方がいい旨指示され、精神科を受診する流れになることがあると思います。 この場合は、「内科」や「耳鼻科」などにかかった日が初診日ということになりますので、注意して病歴をお調べいただいてからお問い合わせいただくとスムーズになります。   担当 土橋       の続きはこちら

(2014/02/10)【障害年金】障害年金の受給金額が変更されました。 (2014/02/10)

障害年金の受給金額につきまして、平成25年10月より支給金額が減額されました。これは、1991年から2001年までの10年間で、物価が2.5%下落したにも関わらず、受給金額が据え置かれていた状況を解消するための措置になります。 なお、実際に減額された額を受け取るのは、10月・11月分が支給される12月からとなっていますので、ご確認ください。 「障害基礎年金1級」 改正前・・・983,100円 改正後・・・973,100円 「障害基礎年金2級」 改正前・・・786,500円 改正後・・・778,500円 「子の加算(第1子・第2子)」 改正前・・・226,300円 改正後・・・224,000円 「子の加算(第3子以降)」 改正前・・・75,400円 改正後・・・74,600円 「障害厚生年金3級 最低保障額」 改正前・・・588,900円 改正後・・・583,900円 「障害手当金 最低保障額」 改正前・・・1,150,200円 改正後・・・1,138,700円 「障害手当金 配偶者加算」 改正前・・・226,300円 改正後・・・224,000円 の続きはこちら