お客様の声
  • HOME »
  • お客様の声
  • 男性

お客様の声一覧

カテゴリー:男性

司 様 (お父様代筆) 千葉県四街道市

疾病名:統合失調症 受給:障害基礎年金2級 遡及
依頼日:平成30年6月25日 ⇒ 申請日:平成30年7月26日 ⇒  支給決定日:平成30年9月6日 ⇒ 初回振込日:平成30年10月15日

息子は10年程も統合失調症を患い、今まで入退院を繰り返してきました。現在入院中の病院で障害年金という制度を教えてもらい、役所に相談に行きましたが、病歴も長く、転院回数も多く、「初診日が証明できないため難しい」と言われて困っていました。入院先のソーシャルワーカーに相談したところ、松川先生を紹介されました。その病院で診てもらっている方たちの難しい障害年金を何度も通してきたそうです。早速電話をし、事務所にお伺いし、すぐに正式にお願いしました。その後は、医師やソーシャルワーカーなど病院とのやり取り、その他の書類の作成など、どんどん進めて下さいました。 診断書の内容に細かい部分の問題があったらしく、その訂正も直接ソーシャルワーカーとやっていただいていたようです。依頼してから、1カ月程で手続きが完了、あっという間でした。そればかりか、その後1カ月半程すると、なんと無事に過去の分まで障害年金2級が認められていました! これからは、社会復帰を焦ることなく、息子には治療に専念してもらい、いずれは社会復帰を果たしてもらいたいと考えております。本当にありがとうございました。

雄 様 茨城県稲敷郡

疾病名:統合失調症 受給:障害基礎年金1級 事後重症
依頼日:平成29年4月17日 ⇒ 申請日:平成29年5月12日 ⇒  支給決定日:平成29年7月20日 ⇒ 初回振込日:平成29年9月15日

お客様の声_雄様

松川先生、いろいろと力になってくれてありがとうございました。正直、自分で手続きして、不支給になった時は絶望的だなと思いました。そんな時知人が先生を見つけてきて、まだ諦めるのは早いなと思いました。電話で先生が申請する価値があるとおっしゃってくれたので嬉しかったです。しかも通ったのが1級。すごいなと思いました。僕のように絶望的になってる人もたくさんいると思います。そういった方々でも諦めずに力になってくれる人がいるという事を感じてほしいなと思います。松川先生、本当にありがとうございました。

一 様 茨城県北相馬郡

疾病名:統合失調症 受給:障害厚生年金2級 遡及
依頼日:平成28年11月4日 ⇒ 申請日:平成29年2月17日 ⇒  支給決定日:平成29年6月1日 ⇒ 初回振込日:平成29年7月14日

お客様の声_一様

初回の電話から年金が受給できるか、30分くらいお話ししてくれて、私の通ってる病院名も知っていたので松川社労士さんにお願いすることに決めました。ややこしい診断書の内容について、病院と直接話をしてくれました。全部の書類は、松川社労士さんにお願いしました。無事に、2級で、遡りの分が認められ、家族ともども生きていけると思いました。ありがとうございました。

也 様 茨城県筑西市

疾病名:うつ病 受給:障害厚生年金2級 事後重症
依頼日:平成28年12月15日 ⇒ 申請日:平成29年1月12日 ⇒  支給決定日:平成29年5月18日 ⇒ 初回振込日:平成29年7月14日

お客様の声_也様

7年以上うつ病に苦しみ悩んでいる時、インターネットで障害年金のことを知り、ホームページを見て、社労士の松川先生に勇気を出してお電話しました。とても親切、丁寧に教えてくださり、すぐに手続きをお願い致しました。申立書など面倒な書類は、松川さんが、お任せで作ってくださいました。お蔭様で無事に2級が認められました。松川さんにお願いして本当に良かったと思います。心より感謝いたします。私のように苦しんでいる方は、是非松川さんに相談してみてください。

彦 様 千葉県八千代市

疾病名:直腸ガン 受給:障害厚生年金3級 遡及
依頼日:平成28年12月23日 ⇒ 申請日:平成29年2月6日 ⇒  支給決定日:平成29年5月11日 ⇒ 初回振込日:平成29年6月15日

お客様の声_彦様

6年前、直腸ガンになり永久人工肛門を造設。その後時が経過し朝通勤電車に乗っていると、前に立っていた乗客二人が「障害年金の受給…」について話をしていた。聞き耳を立てていた訳ではないが、「えっもしかして自分も受給出来るのでは?」と早速ネットで受給資格を確認。ネットで色々調べた結果、とても手続きが煩雑で自分では無理と判断。すぐ「障害年金手続き」でネット検索を行い松川社会保険労務士事務所のホームページを発見し電話した。とても対応が迅速で電話をした週末に自宅まで来訪いただき障害年金の概要・手続き方法等詳しくご説明をいただいた。結果、診断書を含めとても自分では出来ないことを実感し当日松川先生と契約。まず二つの医療機関から診断書を発行してもらわなければ手続きが進まないので発行を依頼。2週間で発行され松川先生に確認してもらうと素人ではわからない非常に重要な記入漏れがあり再度依頼。自分では記入漏れを発見できず、自分で手続きを行いこのまま年金事務所に提出していたら年金が受給されない可能性が…(恐)無事に診断書が完成されその他書類(これがまた素人では記入不可能)とともに年金事務所に提出。遡及分(5年分。もう少し早く知っていればあと1年分受給が出来た)を含め年金決定し『年金証書』が到着した。今回本当にプロの先生にお願いして良かったと思いました。ありがとうございました。

也 様 群馬県前橋市

疾病名:うつ病 受給:障害基礎年金2級 遡及
平成28年7月12日 ⇒ 申請日:平成28年12月22日 ⇒  支給決定日:平成29年2月9日 ⇒ 初回振込日:平成29年3月15日

お客様の声_也様

一人ではとても無理だったと思います。大変親身に接して頂いて、とても感謝しています。お願いして本当に良かったと思います。

匿名 千葉県松戸市

疾病名:反復性うつ病性障害 受給:障害厚生年金2級 事後重症
依頼日:平成28年4月5日 ⇒ 申請日:平成28年5月9日 ⇒  支給決定日:平成28年7月21日 ⇒ 初回振込日:平成28年9月15日 ⇒  再審査請求日:平成28年10月21日 ⇒  処分変更日:平成29年4月14日

お客様の声_匿名様

うつ病で入退院を繰り返して仕事も休職中で経済的にも不安だった頃、入院時に障害年金の事を同じ入院患者から聞いて、自分も該当するかどうか?不安だったのですがタブレットで「障害年金」で調べている中で松川先生のホームページを見つけて、ダメ元で無料相談をしました。翌日、松川先生の方から連絡が有り、可能性が有るとの事でしたので、妻に相談して二人で松川先生の事務所に数日後伺いました。松川先生は自分の病状を気遣いながら、説明をしてくれ、松川先生にお任せする事にしました。松川先生にお任せした後、入院をしましたが、診断書を病院の主治医に書いてもらう時も、わざわざ病院に来ていただき医師と直接話をしてくれました。書類も全部松川先生にお任せで作成していただきました。数カ月後、残念ながら年金3級の結果が出てしまいましたが、松川先生と相談をして、その後不服申し立てをしてもらい、再審請求で無事に障害年金2級が認められました。これから先も松川先生に良きアドバイスをいただきながら、病気とも上手く付き合って行きたいと思います。同じ様な病気で苦しんでいる人が居ましたら、ぜひ松川先生に相談する事をお勧めします。そして松川先生本当にありがとうございました。追伸 松川先生にもご心配いただいた新しい年金証書が8月7日にやっと届きました。

野 様 千葉県千葉市

疾病名:うつ病 受給:障害厚生年金2級 遡及
依頼日:平成28年9月23日 ⇒ 申請日:平成28年12月23日 ⇒  支給決定日:平成29年3月16日 ⇒ 初回振込日:平成29年4月15日

お客様の声_野様

五年前頃より、寝ても疲れが取れなく、仕事中に寝てしまう症状がでていたので、心配で病院に行ったところ、重度の睡眠時無呼吸症候群であると診断されました。そこで、CPAP(寝ている時に鼻から空気を入れる機械)という治療法を行ったところ、自分には合わないらしく、更に寝不足になってしまう結果となりました。だが医師には、「他には治療法が無い」と言われ、ずっと機械に慣れる練習を続けていましたが、一向に改善する見込みがありませんでした。しかし、そんな症状が続くと、職場での信用は無くなり、就労する事が難しくなってきましたが、就労時間の調整等で、対応しました。それから半年後、実家で両親共に倒れ、二人同時に介護が必要となる事態に見舞われ、病気を抱え、仕事をしながら、介護をするという、三重苦となってしまいました。その後、三年前に父が亡くなり、二年前に母が無くなりました。生活負担は軽くなったはずなのですが、何もする気が起きなく、鬱の状態が続いたので、心療内科院に行ったところ、重度の鬱症状と診断され、鬱病の薬を処方されましたが、副作用等で、仕事ができる状態ではなく、退職する事にしました。それから、一年後、自分に合う薬が見つかり、多少の改善は見られたので、家近くの内科医院に転院をお願いし、睡眠時無呼吸症候群の治療の継続と、鬱症状の治療を同時に診てもらう事にしました。(これが後に問題になるとは、思いませんでした。安易に、心療内科への受診へ抵抗感と、心療待ち時の他者(統合失調症等、他)の行動を見るのが辛かった為に転院を希望しました)更に半年後、療養に入っていたので、多少は気分が良くなったものの、仕事ができる状態ではなく、金銭的な不安があり、友人に相談したところ、「社会保険労務士事務所に相談しなさい」と言われ、インターネットで探してみました。インターネットで探し、最初に他の事務所に電話相談したところ、対応が悪く、「出るかどうか解らないけど、やってみる?」みたいな言い方をされ、鬱になってしまいましたが、駄目元で、松川先生の事務所に電話したところ「私に任せてくれれば大丈夫です」の一言で、迷わず御願いしました。その一言がとても嬉しかったです。それから面談しましたが、いくつか難題がありました。 1. 重度無呼吸症候群と鬱症状の関係 2. 現在受診しているのが精神科指定医ではない しかし、松川先生は、関連病院に全て付き添っていただき、医師と話を、まとめてくれました。私一人では、とてもできなかった事でしょう。その後、御陰様で、障害年金二級を受給する事ができました。生活する上で、多い金額とは言えませんが、療養するには、十分です。早く社会復帰出来る様に頑張りたいと思います。松川先生には、とても感謝しております。他の社会保険労務士事務所では、医師との話をまとめる事ができず、診断書を適当に書かれ、不受給になっていた事でしょう。ありがとうございました。

田 様 茨城県ひたちなか市

疾病名:双極性障害 受給:障害厚生年金2級 遡及
依頼日:平成28年10月1日 ⇒ 申請日:平成28年12月16日 ⇒  支給決定日:平成29年3月2日 ⇒ 初回振込日:平成29年4月14日

お客様の声_田様

初めて松川社会保険労務士事務所を知ったのは、傷病手当の受給もおわりかけ、まだ病気も治る気配がなく、働きに行くことが出来ない状態で年金生活の両親にせわになっている状態でした。病院で精神病も障害年金の対象となることを知り、ネットから障害年金のことを受給するために、調べてみたのですが、これは認定する気がないだろと、こんなの申請するのは自分では無理だと、理解するのに1ヶ月程かかりました。そこで代理を頼むのには何処に頼むかを相談窓口に行って調べたのですが、正直いえば高いのです。いや、たしかに適正なのはわかるのです。でも受給出来ても出来なくても手付金が10万円からはじまって、書類作成には数十万、さらに病院にきてもらうとさらに追加。さすがにこれは受給できるかどうかわからないのに、何十万円もかけられません。そうこうしているうちに傷病手当も打ち切られました。そして、ネットで本当にたまたまですが、松川社会保険労務士事務所を知ることが出来ました。今でははっきりといえます。松川様にお願いしなければ、書類を申請することすらできませんでした。また、わざわざ千葉から茨城北部の日立の病院まで来ていただきましてありがとうございました。病院での書類の話も自分では要点を話すことすらできなかったので、ありがたかったです。この度は本当にありがとうございました。

匿名 千葉県松戸市

疾病名:統合失調症 受給:障害基礎年金2級 事後重症
依頼日:平成28年7月1日 ⇒ 申請日:平成28年10月27日 ⇒  支給決定日:平成29年1月19日 ⇒ 初回振込日:平成29年3月15日

お客様の声_匿名様

松川さんに依頼後病院に一緒に行って、診断書の内容について医師と直接話をしてくれた。そのため、満足な診断書が手に入った。そして病歴が長く、1か所目、2か所目の病院にはもうカルテが残っていないため、初診日を証明することが難しかったが、無事に2級が認められてよかった。とても自分自身では手続きがうまくできなかったと思っています。今後も何かあれば松川さんに相談しようと思います。

PAGETOP
Copyright © 千葉・茨城障害年金工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.